Dog Massage

フレンズ動物病院が
おすすめする
ドッグマッサージについて

マッサージとは、「押す」というアラビア語に由来。
マッサージ療法は、筋肉を修復するために必要な手段を備えていて、リハビリ療法の中でも大きな役割を占める。
人の医療分野では、さまざまな時代で多方面に治療として利用されてきた歴史があり、現代においても継続されている。

             

リハビリテーションとは、「re(再び)」+「habilis(適した)」本来あるべき状態への回復などの意味。
主要国:オーストラリア・カナダ・フィンランド・スウェーデン・イギリスなど。
*アメリカでは1990年以降に関心が高まる。
☆小動物医療でも最近注目を集め、人と同様に治療に応用されている。

  • 対象動物
    • 全年齢対象ですが、特に整形外科手術を受けた犬・シニア犬・肥満犬
  • マッサージの目的
    • 健康維持・機能回復

プロフィール紹介

・日本アニマルマッサージ協会(JAAM)認定の資格を取得。
・国際アニマルマッサージ協会(IAAMB)認定の資格を取得。

アメリカ・テネシー大学でアニマルマッサージを学び、日本アニマルマッサージ協会の代表理事、IAAMBの会員でもある森恵 先生に師事。

マッサージの効果

  • 体のケア
    • 筋肉をほぐし、疲労を改善する
    • 血行を良くする
    • 痛みを緩和する
    • 治癒機能を促進する など
  • 心のケア
    • 感情的なリラックス効果を与える
    • 攻撃性の緩和をする
    • フレンドリーな関係を構築する など
  • その他
    • 体表のできものや熱感、痛みなど、体の異変に早く気付ける

マッサージまでの流れ

① オーナー様からご相談をいただく。
② 必要に応じて、獣医師の診察を受けていただき、マッサージの必要性を判断する。
③ マッサージスケジュールの提案・相談をする。
④ マッサージを実施する。

※健康状態により、マッサージできないこともあります。ご了承ください。

マッサージを受けたペットの
様子の変化や飼主さんの声

  • 運動機能面

    • 寝てばかりでお散歩を嫌がるようになっていた子が、以前のように元気にお散歩に行くようになった。
    • 足を引きずって歩いていたり、片足をひいていた子が、軽快に歩けるようになった。
    • 寝起きのフラつきがなくなり、ソファーへの上り下りの勢いが良くなり、若返ったように感じる。
    • 足のふんばりが弱く、尻もちをつくことの多かった子が、力強く歩けるようになり、尻もちの回数も減った。
  • 精神面

    • ムダ吠えが減った。
    • 他人に対して友好的になった。
    • ぐっすりよく眠れるようになった。
    • 触ると嫌がっていた部分も触らせてくれるようになり、ブラッシングがやりやすくなった。